つぶやきコーナー

廣重俊一会長

大川スイミング

スクール創立者

廣重俊一会長

『ゴルフダイジェスト3/6号』に記載されていましたので

ご紹介します。

水球で有名な大川スイミングの流れは、会長から受け継がれていたのです!

ゴルフダイジェスト3/6号より
20120310165422.pdf
PDFファイル 6.4 MB

泳げるってどんなこと?

潜り
潜り

《鼻に水が入った時にツーンとする感覚》いやですね~。水に潜ったことのない人は、水の中で見る景色が、不安でたまらない。(もしくは目を開けてない)

 

水慣れで、大事なことは、怖くなくなるまで潜り続けること。目を開け、潜り、ものを拾い、水上で呼吸を吸う。ココまでできないと、泳ぎだけ練習しても上達しません。

 

水に対する恐怖心をなくす!!これが泳げるようになるまでの大事な一歩です。

 

できれば、毎日、顔をつけ、潜っていれば、怖くなくなります。焦らずにがんばろう!!

水のシーズンです!!川や海にいく機会も多くなります!!

着衣泳の基本を思い出して
着衣泳の基本を思い出して

暑くなると、川や海は最高に気持ちいいですよね~。しかし、毎年事故もたくさん報告されています。

事故に遭わないように、十分注意をしてください。

①子供だけでは、危険な場所に行かない。

②ライフベストなどを着用し、安全に十分配慮する。

③川上で、雨雲があり、雨が降れば、下流では、激流、鉄砲水の可能性は高いので、上流の雲を確認し、危険を感じたらすぐ引き上げよう。

④誰かが、溺れても対応ができるよう、救助用具(浮き輪、ロープ等)も用意しておこう。

⑤熱中症にならないよう給水をこまめに行う。